読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己分析

‪学生の頃、自己分析をさせられることがあったと思う。アルバイトを探すとき履歴書に自己PRの欄を埋めたことがある。でも、どれもどんなことを書いてもその言葉が自分を表しているとは到底思えなかった気がする。学生の頃、よくコミュニケーションが取れずに困っていた。相手が自分との接触によって構築した自分像を相手の自分に対する言動の中に発見したとき、戸惑い、悲しみ、怒り、憤った。本当の自分は違う!と思った。でも、本当の自分なんてそんな大それたものはないのだと考えるようになった。自分は一人一人との関係性の中に生きていると考えるようになったからだ。彼に対する自分と彼女に対する自分を切り離して考えるようになった。それはとても楽な捉え方だと思った。自分は彼等にとっては冴えない奴かもしれない。つまらない奴かもしれない。そういう自分も自分だけど、他方で自分は魅力的な自分として存在できると感じた。誰にとっても魅力的である必要なんてないわけだ。打率が高い人になりたいという想いはなかなか消えないし、結局なかなかコミュニケーションが上手くいかないと凹む。でも、それはその中だけの自分に過ぎない。やっぱり自分は結局相手に依存したコミュニケーションしか取れないみたいで、それはつまりどういうことかというと、この人とあの人といるのでは全く居心地が違ってしまい、それはつまり多くの人と共存する能力がないというわけだ。自分は怒りん坊で甘えん坊らしい。‬人によって態度を変えて、その人と一緒にいると居心地が良いというのは、その人の中にある自分像に甘えているということだと思う。こんな自分を評価してくれる人に会えた。こちらに来て一番いっしょに時間を過ごしているのは68歳の人だ。とても仲が良い。魅力的な人で凄い人だ。その人に評価される自分、殺したくない。その人の中にある自分に支えられることがあるし、鼓舞されることもある。バンクーバー、冬は日照時間がとても短く雨が多く(そのうえ今年は)寒く嫌いだ。だけど戻ってくる。年に数回戻ってくる!カナダに来て、のんびり自由になるつもりが金持ちになりたい、自由になりたい!!自由のためにお金がいる!と思うようになってしまった。宝くじ当たればなあ。何処に住んでいても考えることは大抵同じかもしれない。ありあまる富、同時に存在する自分、要らない自分を消せる自由がほしい。

あけましておめでとうと

久しぶりのパソコンからの更新であります。家というか部屋にパソコン環境が復活したことをここに高らかに報告いたしますです。この歓喜、何事にも代えがたいとまではいかないけれど、まったく書くことができなかった2016年後半でしたので、まあ良かったなあ、これからがしがし書かないとなあ、と思いきや仕事で使っているキーボードに慣れすぎてMacのキーボードが打ちにくい打ちにくいであります。まあこのブログでは兎に角くだらない愚痴ばかり書いてその内容の乏しさや拙さに絶望してみたりしていて、読み返すのも嫌だし、書き足すことにもモチベーションが湧かないのですが、これを作って書き出した目的が近況報告だったことを思い出して、短くても定期的に更新しようと思います。

 

年々いちねんを振り返ったりしなくなり、そもそもその意味が分からず(一年の区切りがなんなのだと思ったり)、ただ2016年の後半は怒涛の不運に見舞われたりしたわけで、やっと厄年終わったぜ!と思ったりしているわけだから、やっぱり私も一年の区切りを感じて意識しているのかなあ。ただ年が明けた次の日には、私は一つ年を重ねるという、いわゆる誕生日があるのですが、それのほうが意識しないというか、どうでもいいよなあって、ただ25歳っていうのは少し大きいような気がするわけで、やっぱり年齢を訊かれたときに「24です(キリッ」というのと「25です(汗汗」というのとでは、腐った加藤か腐ってない加藤まさるくらいの差があるような気がしちゃっていて、アラサーなんだなあと悲しくなっております。

いきなり話が飛ぶけど、結局ただ生きているだけでいいやとなるかこのままでいいのかなってなるかなんだよなあ。こっちにいる人はただ生きているだけでいいやあではないんだけどちょっと苦手かもしれないなあ。

 

あと5ヶ月だからもう少し頑張ってみよう。日本は大きいところの圧力はとても強大だし、それによって同じ場所にいるはずの人も攻撃してきたりするから厄介だけど、多様性があるような気もする。東京に住んでいたからかもしれないけど。それにこちらで見ているものや感じているものと東京で見ていたものや感じていたものとを比べることは軽率かもしれない。

 

と、とても抽象的な内容になってしまいましたが、もう眠いし怠いので終わりたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。

めんどうくさがり

‪髪が長くなってきた。朝から仕事のために結っていた髪を‬ほどいたとき、愛用している香水の匂いが少しした。とてもイイ匂いだった。仕事はハードだった。年末のスーパーなのだからそりゃ忙しいのは仕方ないのだけど、なかなか思うように働けなくて、体調もどんどん悪くなっていき……。とにかく、ここ最近インフルエンザ→中耳炎予備軍の耳痛→気管支炎予備軍の空咳。という具合で体調がすこぶる悪いです。

しかし25日26日と連休で久しぶりに読書できてよかった。筒井康隆の「七瀬ふたたび」が面白かった。「ななせ」って姓名どちらにも使えるし可愛い名前だね。とことんツキのない12月だと思ったけど、今日スーパーの古本コーナーをさがしてみたら「エディプスの恋人」が見つかった。

とりあえず無事に年を越して、引っ越しして落ち着いたら英語の勉強を必ずしよう。何のためにここにいるのか、いや、何のためという何のは他人にとって必要なだけであって自分のために必要なわけじゃないわけじゃないのだけど、つまり他人に説明するために自分にとっても必要だねど、それに縛られずにいてもいいんだよね。理由は行動に先立たない。と個人的には思う。

あわわわわわわわ。

 

おわり

 

いろいろな感想

テラスハウスロハステート

とっても微妙。

だけど、楽しいとき楽しい。

 

もともと涙腺がばがば人間だけど、ここのところ特に酷くて泣くようなとこじゃないのにボロボロ泣いてしまう。

 

ストレスによる自律神経の乱れは結構深刻かもしれなくて、昨日は動悸すごくて、手も痺れたり、あらまあおやまあ状態でした。(心配させる意図はございません)心配されるのは面倒だから嫌だけど、心配させるようなこと言うのは楽になるから好き。って人間の真理だと思うのです。

 

で、テラスハウス。登場人物の魅力がまあないこと!びっくりポンや!って古い?というブーム社会、高速の流れの中に一瞬で現れては消えていく人、物、言葉。悲しいものである。

 

ということで、ここまでの好感度順に印象を

 

ゆうすけくん

ギターとウクレレの18歳

とても魅力的な青年。

この子はハワイの主役として、ずっとテラスハウスに住むべき。

 

ローレンさま

奇妙奇天烈な絵を描くモデルさん

才能の塊みたいな感じだけど、

実は中身そんなつまってない?というか18歳だからこれからなのか、見ているだけでいいです系の子。

 

ナオミ

小賢しい女の子

ちょっと痛々しい

でもガール度高くて○

 

その他

エビアン 興味なし

ゆうや 嫌い

えりっく めっちゃ嫌い はやく出てけ

 

もうディスクライブするの面倒になってしまった。

 

逃げ恥ダイジェストが緒方恵美だったから見てみたら、とても面白かった。最終回も見た。ちゃんとした質の高いドラマを作れば視聴率が倍増するんだなあ。キャスティングも大事だけどマーケティングも重要だね。ただ、こういうドラマの最終回はやはり落ちるね。

 

スマスマビストロ最終回。タモさんやっぱりいいね。でも中居くん嫌いだー。そしてゲイ侮蔑トークに少しがっかり。

 

年末年始は見たいテレビがたくさんありそう。テレビっ子にとって海外生活は辛いですが、あと半年間?がんばろうと思います。

 

インフルエンザ、完全に治っておりませんが、本日から働きました。久しぶりに踏みしめたアスファルトになぜか感動。歩くこと、普通なこと?元気なこと、普通なこと?普通なこと、どんなこと?

 

おわり。

憑き物

厄年って信じますか?私は生まれてこのかたこういう非科学的なことを信じたためしはないのですが、今年は厄年と言わざるを得ないです。そういうふうに思い込まないと来年もこの感じが続くとなると正直やっていけそうになくて。とりあえずここのところの不運の連鎖を書いて整理してみます。

 

11月28日過去最高の泥酔

&12月、14連勤確定(水曜日のスーパー辞められなかった)

11月29日過去最大の二日酔い

&バスタブの傷(オーナー発狂、犯人捜し)

11月30日大晦日に退去命令

(犯人見つからない、とにかく出てけ)

12月1日〜部屋探し開始

12月2日スズメバチに室内で刺される

(8連勤初日)

12月10日デポジット要求にオーナー発狂(日本に右翼の友だちいると脅される)&深夜まで犯人捜し(朝5時起きなのに2時半に部屋のドアを思い切り叩かれる)

12月11日一睡もせずに9時間立ちっぱなし労働(14連勤初日)(とにかくデポジットは返さないというメモをもらう)

12月13日身体に多少異変を感じる。

12月14日体調が悪いなかスーパーで労働(日本からのコンテナがまさかの到着)

12月15日朝から出勤じょじょに身体が怠くなり発熱。しかしスターウォーズを観に行く約束があり、朦朧としながら観る)

12月16日倦怠感、悪寒、高熱によりダウン(こちらに来てから初の病欠)&夜、おそらく40度近い熱で死を意識(言い過ぎである)

12月17日インフルエンザ確定(自己判断)後期症状に移っていると予測し、なんとか気持ちを保つ。&部屋に内見の人が来る。そこで、あらためてバスタブの傷のことを言われる。(どうやら、私とルームメイトで犯人を決めて賠償しろということらしい)

 

という感じです。もしもがたくさんあります。でも冷静に振り返ると、現状に繋がった要因が見つかります。まず、やっぱり住んでるところが悪過ぎでした。投資物件だからといって、犯人の分からないバスタブの傷で発狂し、人を脅す可哀想なオーナー。f:id:remakelemonade:20161218042658j:image

 こんな傷です。ほとんど分かりません。しかし、タイルの塗装が剥げた部分があり、薬品で傷を消そうとした痕跡があるとオーナーは主張します。そして、私とルームメイトのどちらかが犯人であると。私がやっていないと言えば、ルームメイトが。ルームメイトがやっていないと言えば、私が犯人だと言います。この論理が間違っていることすら分からない頭の弱い人です。この議論が不毛であると説明したり、デポジットの受け取りを要求したり、BC州の法律を挙げながら誤りを指摘すると、脅されました。世の中には、自分が思っているよりもずっとマトモな思考回路がない人が多いみたいです。でも、何が一番ショックだったかと言うと、やっぱり脅されたことで、そういうことをする人間を許すのは難しいですね。

 

小さな小さな出来事だけど、世の中には人の弱味につけこんで、脅したりしている下劣な屑が人を支配していたりするんだろうな。

 

とりあえず身体を治さないと、まともに戦えないのでしっかり休みます。

 

タヒ状態はやくおわりますように(線一本で死状態という意味です)

 

おわり