読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷物の量=生命力

出国当日。いつも通り7時くらいに起床。朝食は食べずにシャワーを浴び、荷物の確認と準備。

22.8キロ。(制限は23.0キロ)
f:id:remakelemonade:20160604203044j:image

最終的にスーツケースはパンパンだった。脱衣所にある人間用の体重計で測っているから(“はかる”の漢字の使い分けがわからない)不安で仕方ない。
出掛ける直前、用を足しているとき、「スーツケースも要らないもの出してくれればいいのに」と思った。

空き部屋になる自室の片づけをして、もう当分ここでぐうたらすることがなくなるんだなあとしみじみする。居心地の良い部屋だった。

りょうこさんにNetflixの見方を教えて、お昼を食べた。なぜだか、お肉の付け合わせの炒めたたまねぎの美味しさに感動。

姉に車を出させて最寄駅から日暮里へ。日本の電車ともお別れである。えへへ。

➡︎日暮里駅で両替。レートが高かった。もっと安いところがあるはずなのに、完全に準備不足。

成田空港到着。スカイライナーの切符を第二ターミナルで買ってしまっていたが、第一で降りても大丈夫だった。グアムに行ったときや見送りにきたときに寄ったマクドナルドや無印が当たり前だけどそのまま同じ場所にあって感動。そこから一通りウロウロして両替。千葉銀行のレートが良かった。

eチケットの発券に少し手間取る。座席をセンターの真ん中から左側の通路側に変更して、マイルを登録。どれくらいたまるのかなあ。
その代わり割と後方になってしまったけど、通路側がいいよね、やっぱり。隣が空いてるかもだし。

特に何もせずに登場ゲート付近で待機。前の席に座ってた30歳前後の女性と少し話す。大阪京都和歌山東京に行ったらしい。

飛行機は快適とはほど遠い席だった。(機内食も不味かった。チキンと言ったのにミートボールが出てきた。チキンボールなのかしら)
約12時間、長かった。隣は空いてたけど、隣の隣がギャングスターだった。顔まで刺青だらけで、蛇みたいだと思った。蛇の一挙手一投足がとにかく激しくて蛙は怯えて縮こまって過ごす。

機内ではゲームをして500日のサマーを観た。二回目だけど面白かった。蛙の好きなタイプはズーイーデシャネルである。

ほぼ一睡もできずにトロント(ピアソン?)国際空港に到着。トイレに行っている間に人がいなくなり(後方の席に変更したからもある)、少し戸惑うが一本道なので流石に迷わなかった。
f:id:remakelemonade:20160604203354j:image
入国審査の移民窓口?はかなり混んでいた。30分くらい待ち御対面?とてとテキトーで拍子抜け。就労許可証をパスポートに貼ってくれなかった。(待っている間に話していた人は貼ってくれたそう)

成り行きで一緒に荷物を取りに行く。行き当たりばったりで、見つからず。合計5人くらいに尋ねて、結局日本人の人が教えてくれた。基本的に“一緒に考えてくれる”という姿勢はないみたいだった。知ってることだけテキトーに言う、しかも間違ってる。ってな感じで大幅にタイムロス。でもこっちが悪いな。

一緒に捜してた人とスーツケースベルトが同じだった。さっそく日本人Loveである。

乗り継ぎするその人と別れてバスでホームステイ先へ。向かってる車内でこれを書いた。毎日、日記書くなんて馬鹿だね。週2を目標にします。

The sky in Toronto is very near like saying hi to me :)

See you soon~