読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新たな世界

文章を書くと死にたくなるとは大袈裟なことをよくいうよと、我ながら思う。でも事実ゼツボウ的な気分になる。このブログではなるべく「です・ます調」を避けていて、一人称もあまり使ってないので、これはとても私にとって難しいことなのです。(両方やりました)

まず、「です・ます調」はやっぱり感情とは離れてると思うから、こういうくだらない日記には適さないわけで、それでいて日記に頻出しがちな「私」「俺」「僕」といった自分語りは恥ずかしいし、その上「私」や「僕」を使うことすら恥ずかしい俺様だから、公のブログなんかやっぱり恥ずかし過ぎる。カナダに行くという宣言すら恥ずかしいし、ましてやカナダでの生活を綴ったブログを書いてて、公開してるなんて恥ずかしいし、さらに他人様みたくブログ始めました報告をしちゃったりブログを更新したらSNSのタイムラインに流したりなんて恥ずかしくて絶対にできない。このようなことはこれまで自他共に自意識過剰で片付けられてきたけど、結局一生克服できない気がしている。はあ。もういい歳なのに、いい加減に、いい大人に、なりたいね。

 

明日からまた新しい土地に移動して新しい人に会う新生活。まだ二ヶ月経ってないけど、ロンドン→トロント→ナイアガラ→ロンドン→バンクーバー→ビクトリア→シアトル→ビクトリア→カルガリー→バンフ(明日)っていうふうに滞在したり観光したりしていて、まあ楽しいのかな。カルガリーには二泊だけだったけど、ホステルが割と綺麗で嬉しかった。(いま思うとビクトリアのホステルは悲惨だったなあ。ダニに刺されまくりだし)あ、そういえば私の身体は現在ダニに刺された痕が二十くらいあるのに加えて七月十一日にホームステイ先を出てからボディーソープも洗顔料も使ってない汚身体であります。全部シャンプーひとつで済ませていました。ダブ様々であります。(カナダは涼しいから汗かかないんです。だから洗濯もしないで済んでます。←仕方なくだよ、勿論)

 

正直今後上手くやっていく自信がダニcmしかなく不安でこうして書き始めてみたものの自分の頭の中も心の中もどうしようもなくこんなときに勇気付けてくれるものとかないかなあと考えてみても一向に思いつかずで、こういうところがけっこうまた哀しくて。まあかろうじてデジモンの最終話を思い出したので、そのタイトルを拝借しました。

 

おわり