読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永久につづく苦悩

大人って素晴らしいなあ。

 

もちろん大人の嫌さもあるとは思うけど、根っからの甘ちゃんの自分にとっては職場に必要なのは同年代の仲間ではなく優しく接してくれる大人たちだ。

もはや旧友を除いた同年代の人たちとのほうがよっぽど話しにくい。現実的でシビアなんだなあきっと。あと優しくないや皆んなね。言葉に優しさというか思いやりがこもってる同年代の人に会ったためしがないぞ。それに比べると韓国人の男の子たちは何でかジェントルで優しい。日本の女の子取られちゃうの分かるね、とかこういう話と前の前の記事の黒人ドライバーの件と何が違うのかと突かれたら、全く違うのである。わたしは自分の中にあるステレオタイプを否定しないというかないものにしないし、偏見があると自戒した上で人と接するし、絶対に個人に当てはめたりしない。でもわかっていることがあって、それはこういうことに敏感に反応してみせてそれをネットで発散したり、それか自分で考えてみたりして、自分はそっち側ではなく、つまり加害者ではないのだというような意識を覚えちゃったりが容易だということには気づいていて、自分は傍観者であるとも思ってないし、どちらかというと加害者として生きてきたと思うし、いまも加害者だと思う。そういうものに一切加担していない人なんていないだろうし。そうでもこれすらこういうこともわかってるんですよという防御というか言い訳に過ぎず、しかしまあ結局のところ無知すぎるから自分の物事の捉え方に自信が持てないだけなのかもしれない。となると、やっぱり勉強するしかないわけで、その筆頭手段が読むことで、良く読むことで、しかし良く読むためには知識や技術が必要で、となると、誰かに教わりたいとか思ってしまったりして、ダメだなあ。と勉強しようと思って寝て起きてダラダラするのかな。

 

と、ぐちゃぐちゃ書いたり自分の考えを確認しちゃったりするくらいに(いつもだけど)のほほんとした気分。新しいバイト先はもう本当に皆んな優しいです。それにほとんどの仕事が経験済みなので楽ちんです。それにこのままここだけで週4働いて掛け持ちなんて馬鹿なこと止めようかしら。でも生活できても貯金できなきゃ学校にも行けないし資格も取れないからダメだよね。がんばろう。

働いたあとって呟いたりブログ更新したりしたくなっちゃうなあ。何でだろうなあ、解明したいなあ。眠たいなあ。でも明日休みだなあ。って内容がほとんどなくなってるのでここら辺でストップすべきなんだろうけど、とめどなく言葉が溢れてくる(うそです、もう搾り出すしかなく、てかこの更新自体やめるべきだけど、はあ、もっとしっかりした文章が書けるようになりたいなあ)。

 

そういえばバンクーバーに来てから一枚も撮ってないので載せる写真が何もない。あと9月以降のバンクーバーは90%雨らしいのですが、どうやって生きていけばいいのでしょうか。「鬱になっちゃうからマリファナを合法化したんだ」って言ってる人が居たけどあながち間違いではないというか体験してないから述べようがないけど、毎日雨が降って夕方四時に暗くなるというのは憂鬱にさせるには十分だよね。

 

f:id:remakelemonade:20160806165714j:imagef:id:remakelemonade:20160806165715j:image

 花の中ではデルフィニウムアネモネが好きです。

 

おわり