読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憑き物

厄年って信じますか?私は生まれてこのかたこういう非科学的なことを信じたためしはないのですが、今年は厄年と言わざるを得ないです。そういうふうに思い込まないと来年もこの感じが続くとなると正直やっていけそうになくて。とりあえずここのところの不運の連鎖を書いて整理してみます。

 

11月28日過去最高の泥酔

&12月、14連勤確定(水曜日のスーパー辞められなかった)

11月29日過去最大の二日酔い

&バスタブの傷(オーナー発狂、犯人捜し)

11月30日大晦日に退去命令

(犯人見つからない、とにかく出てけ)

12月1日〜部屋探し開始

12月2日スズメバチに室内で刺される

(8連勤初日)

12月10日デポジット要求にオーナー発狂(日本に右翼の友だちいると脅される)&深夜まで犯人捜し(朝5時起きなのに2時半に部屋のドアを思い切り叩かれる)

12月11日一睡もせずに9時間立ちっぱなし労働(14連勤初日)(とにかくデポジットは返さないというメモをもらう)

12月13日身体に多少異変を感じる。

12月14日体調が悪いなかスーパーで労働(日本からのコンテナがまさかの到着)

12月15日朝から出勤じょじょに身体が怠くなり発熱。しかしスターウォーズを観に行く約束があり、朦朧としながら観る)

12月16日倦怠感、悪寒、高熱によりダウン(こちらに来てから初の病欠)&夜、おそらく40度近い熱で死を意識(言い過ぎである)

12月17日インフルエンザ確定(自己判断)後期症状に移っていると予測し、なんとか気持ちを保つ。&部屋に内見の人が来る。そこで、あらためてバスタブの傷のことを言われる。(どうやら、私とルームメイトで犯人を決めて賠償しろということらしい)

 

という感じです。もしもがたくさんあります。でも冷静に振り返ると、現状に繋がった要因が見つかります。まず、やっぱり住んでるところが悪過ぎでした。投資物件だからといって、犯人の分からないバスタブの傷で発狂し、人を脅す可哀想なオーナー。f:id:remakelemonade:20161218042658j:image

 こんな傷です。ほとんど分かりません。しかし、タイルの塗装が剥げた部分があり、薬品で傷を消そうとした痕跡があるとオーナーは主張します。そして、私とルームメイトのどちらかが犯人であると。私がやっていないと言えば、ルームメイトが。ルームメイトがやっていないと言えば、私が犯人だと言います。この論理が間違っていることすら分からない頭の弱い人です。この議論が不毛であると説明したり、デポジットの受け取りを要求したり、BC州の法律を挙げながら誤りを指摘すると、脅されました。世の中には、自分が思っているよりもずっとマトモな思考回路がない人が多いみたいです。でも、何が一番ショックだったかと言うと、やっぱり脅されたことで、そういうことをする人間を許すのは難しいですね。

 

小さな小さな出来事だけど、世の中には人の弱味につけこんで、脅したりしている下劣な屑が人を支配していたりするんだろうな。

 

とりあえず身体を治さないと、まともに戦えないのでしっかり休みます。

 

タヒ状態はやくおわりますように(線一本で死状態という意味です)

 

おわり